人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

【仕事が忙しい方へ】食後のクサい息に効果的な食べ物5選をピックアップ!

食後の口のにおいって気になりませんか?

 

・食事をするといつも臭う

・ 歯磨きする時間がない

・ 歯磨きしてても臭う

 

特に仕事中は忙しいし時間もないため、なかなか口の臭いケアなんてできませんよね。

 

今回は「歯磨きをする」という方法以外で、 食後のくさいニオイを改善する方法について解説していきます。

 

すぐにできる対策法ばかりですのでぜひ取り入れてみてください。

 

食べ物を変えると食後のニオイ対策につながる

食事中は唾液もたくさん出て、この時ばかりは口の臭いもなくなります。

 

ですが、食後はどうしても口のにおいが気になることもしばしば・・・

 

なぜなら、食後の唾液量や唾液の浄化力次第だからです。

また舌の上に食べかすも残りやすい状態になっています。

 

誰でも気軽にできる食後対策としては

 

・ガムを噛む

・タブレットを口に入れる

・水のお口直しをする

 

などの対策法があります。

 

「私もそれぐらいやってますよ」

と思うかもしれませんが、その使い方次第でけっこう効果的な口のニオイ対策となります。

 

詳しくは下記もご覧ください。

ストレス(緊張)からくるクサい息の3つの簡単改善法とは?

食後に歯磨きできずにクサい息が気になる時の3つのコツとは?

 

特にガムを噛むのは動作は唾液分泌につながります。

またお口直しをすることは「口内の乾燥」を防ぎクサい息の予防につながります。

 

でもなかなか職場で行うには難しいかもしれません。

ガムを噛んだり水をこまめに飲むということもできない場合もあるでしょう。

 

じゃあそんな時はどうすれば良いのでしょうか?

 

歯磨きすればいい!とかそんな単純な事はいません。

 

もちろん歯磨きの仕方もとても大事です。

歯の磨き残しによる歯垢や歯石は口のにおいのもとなります。

口臭が歯ブラシにも移ってる!?チェックしたい歯ブラシ法3つ

 

手っ取り早くできることは「食べる物に気をつける」ことです。

 

「食べ物がニオイ対策になるの?」

 

と思うかもしれません。

 

例えばニンニク、ネギ、ニラなどは口が臭くなる典型的な食べ物ではないでしょうか?

こういった食べ物をとらないだけでも口の臭い抑えることができます。

 

「えっ!でも そんなの食べないように気をつけてるし」

 

と思っているでしょう。

 

口のにおいをきつくする食べ物がある一方で、

においを「抑えてくれる」食べ物があります。

 

つまり、においを抑える食べ物をうまく活用して、気になる食後の臭いを消すことができます。

 

 

では具体的にご紹介していきます。

パセリ

抜群の消臭力を持っています。

 

「 えっ!パセリが!?」

 

と思いませんでしたか?

 

なぜならあの独特な風味が苦手・・・

という方が多いからです。

 

ピネン、アピオール(ん?何語?)

と呼ばれる精油成分があなたもよく感じる独特の風味の正体。

 

実はその風味こそが殺菌性に優れているのです。

 

また、それ以外にも整腸作用もあるため、消化のサポート的役割も担っています。

しっかりと噛むことで、くさいガスを消す効果が現れるのです。

 

「ただの飾りだろ!」

 

と思っていたパセリは実はしっかりとした意味があったんです。

 

「それならちょっと食べてみようか」

 

そう思いませんか?^^

まずは醤油、マヨネーズなど食べやすい食べ方で実践してみてください。

 

キウイフルーツ、パイナップル、パパイヤ、イチジク

決して覚えなくていいです・・・^^

 

・キウイフルーツにはアクチニジン、

・パイナップルにはプロメライン、

・パパイヤにはパパイン、

・イチジクにはフィシン

 

が含まれています。

 

これらの食べ物にも口の臭いを消す効果があります。

 

こんな美味しい食べ物が臭いを消せるの!?

ちょっと嬉しいですよね。

 

これらには口のにおいの原因となる硫黄成分を含むタンパク質を分解します。

 

舌の上を掃除するような感じで食べる

美味しいからといってガブガブ食べてしまっては逆効果です。

 

ではどうやって食べるのか?

 

・少量だけ食べる( 口に含む)

・舌の上を掃除するような感じで食べる。

 

ここを意識してください。

 

やりすぎは禁物です。

細胞や舌粘膜が破壊されてしまいます。

 

また、味覚細胞が壊れてしまうとピリピリさを感じてしまうので気を付けましょう。

 

ちなみにこれらの効果は熱に弱いという弱点もあります。

タンパク質分解酵素の効果が60度以上の熱でなくなってしまいます。

 

ですから生で食べてください。

熱処理されたものや缶詰では、意味がありません。

 

烏龍茶、緑茶、紅茶

あなたも 食後にお茶を飲んだりしませんか?

 

実はお茶を飲む行為は口のニオイ抑制に効果があるんです。

 

・ポリフェノールでの殺菌作用

・葉緑素の消臭効果

 

これにより飲食後のニオイ抑制が一時的に可能です。

 

お茶の飲み方のちょっとしたコツとは?

飲む時はちょっとしたコツがあります。

 

・口の中にためるように含む

・舌を洗うようにして飲む

 

これがおすすめです。

 

ただお茶はカフェインが 入っています。

カフェインは利尿作用があるため、 あまり飲みすぎると逆に喉が渇きます。

 

喉が渇くということは口の中が乾燥します。

結果、口臭に結びつく可能性もありますので、食後のケア的な感じで飲むと良いでしょう。

 

お茶を使ったとても効果的な口のニオイ抑制法

 

「ひとかけら程度の茶葉を口に入れてしっかりかみ砕く。」

 

これだけで抜群の効果があります。食後の対策にも持ってこいです。

 

また噛んですぐに出すのではなく、 舌の上で転がすような感じで口の中に留めておく。

 

この方法もオススメです。

 

リンゴ・ブドウの皮・柿

これらの果物もポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールによる殺菌性を生かして口のニオイ抑制が一時的にできます。

 

ですが過剰摂取してしまうのは禁物です。

味覚異常が起き渋さも感じるので注意が必要です。

 

海藻類(コンブなど)

意外に海藻類にもクサい息を防ぐ効果があります。

 

・数種類の葉緑素

・保湿効果成分

 

この二つが含まれています。

 

口内の乾燥はクサい息へと繋がります。

保湿成分で口の中を潤すことができます。

 

また

 

・旨味成分のアミノ酸→唾液分泌を促す。

・海藻類→アルカリ性食品→ 口の中の酸性化を防ぐ

 

こんな一石四鳥みたいなクサい息対策にもってこいの食品と言えます。

お茶のところで話した時と同じように

 

「ひとかけらのだし昆布を口の中にとどめておく。」

 

保湿と唾液分泌の促進のケアをすることができるので、緊張した時のニオイ対策にもおすすめです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は気になる「食後の口のにおい」をなくす方法について解説しました。

 

・パセリ

・キウイフルーツ、パイナップル、パパイヤ、イチジク

・烏龍茶、緑茶、紅茶

・リンゴ・ブドウの皮・柿

・海藻類(コンブなど)

 

この辺りの食べ物を普段の食事に取り入れましょう。

特に職場では昼食に取り入れることで改善につながります。

 

また

・お茶っぱ、だし昆布などを口の中噛んでみる

・舌の上に留めておく

 

ことでより一層効果が期待できます。

 

私もそうでしたが仕事が忙しく、ゆっくり歯磨く時間がありませんでした。

さらにストレスで口臭がきつかった時期もあった経験があります。

 

周りに迷惑をかけていたのでは?と思うと不安な気持ちにもなります。

 

今回の食べ物はすぐに取り入れられるものばかりです。

 

明日からでもぜひ試してみましょう。

意外に効果ありますよ。

関連記事