人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

虫歯って息が臭くなる原因になるの?日頃からケアできる5つのポイント

虫歯や歯周病が原因で息が臭くなることってあるの?

そう思ったことありませんか?

 

・ 歯を磨いてもなんだか臭う

・ ずいぶん長い間、歯科に行っていないけど最近臭ってきた

・ 普段から歯磨きを適当にしている

 

こんなことがあると虫歯や歯周病が原因なのでは?と気になりますよね。

 

「よし!じゃあ歯医者に行こう」

 

と思ってもちょっと怖い・・・。

特にずっと歯科に行っていない程、逆に行きにくいものです。

 

酷い口臭や虫歯になっていたら、歯科の人に見せるのがちょっと恥ずかしいし、

「うわっ!なんだこの歯は!」なんて思われそうでいやですよね。

 

ただ、結論から言いますと虫歯や歯周病は息がくさくなる原因になります。

 

では

・なぜ虫歯や歯周病が臭いの元になるのか?

・たとえ虫歯を治しても口臭が続くワケとは?

 

その辺りについてお話ししていきます。

 

なぜ虫歯や歯周病が口のニオイに結びつくの?

虫歯菌は毒素を出して歯や歯茎を攻撃します。

 

具体的に言いますと、虫歯菌は「糖分」が大好物です。好きでしょうがない・・・

糖分を餌として食べると「酸」出すのですが、この「酸」は歯や歯茎を溶かし腐らせます。

 

一言で言えば腐敗臭。

このニオイが虫歯や歯周病の時のクサい口臭となって現れます。

しかも腰抜かすほど強烈なニオイを発生します。

 

これは「食べ物」を放っておくとどんどん腐っていき、きつい生ゴミ臭がするのと同じです。

生ゴミってほんとくさいですよね。

 

食べ物も腐らないように

 

・冷蔵庫に入れたり

・凍らせたり

・塩につけたり

 

すると思いますが、何もしないとどんどん腐っていきますよね。

口の中も同じでしっかりケアをしないと菌はどんどん増殖して口臭へとつながってくるのです。

 

虫歯、歯周病を放置しておくと、とんでもないことに・・

虫歯や歯周病を放置しておくとどうなるでしょうか。

 

雑菌が体内の血流の中に入り込み、結果的に亡くなった事例もあります。

ちょっと怖いですよね。

 

さらに、放っておくと口臭はどんどんひどくなり、血や膿のたまった臭いがしてきます。

 

逆に虫歯や歯周病をきちっと治療しておくことで口臭は改善できます。

 

そして、将来歯を失わずに済みます。

ここけっこう大事です。

 

通常

 

・通常怪我をしたり

・風邪をひく

・爪が剥がれる

 

などはすべて自然治癒力で元に戻ります。

ですが歯だけは一度失うと元に戻りません。

 

これはとても重要で怖いことです。

 

虫歯や歯周病からくるニオイってどうしたらいいの?

まずはもちろんですが歯科に行き治療することが先決です。

 

「怖いから行きたくない」

「見苦しい歯を見せたくない」

「ひどいなこの人って歯科の人から思われたくない」

 

など気持ちはわかりますが、歯科の人達はそれが仕事ですので気にすることはありません。

 

あなたの状況は察しかねますが、あなたよりもっとひどい状態の患者さんをたくさん見ているはずです。

 

それよりも行かずして、進行が進み治療が大変になることの方がデメリットです。

ひどくなると何回も通う必要も出てくるでしょう。

 

そしてあなたは歯をどんどん失うことになります。

 

思い立ったが吉日。今すぐに行きましょう。

ですが、虫歯を治療しても口臭が続く場合もあります。

 

その原因はなんでしょうか?

そしてどう対策したらよいのでしょうか?

 

虫歯や歯周病を治療しても息はキレイにならない!?

 

「じゃあ、なんのために虫歯を治療するんだ!」

と言いたくなるかもしれません。

 

ですが中には虫歯や歯周病を治療しても息がクサいのは治らないという方もいます。

 

それはこれまでの食生活や口内の状態に問題がある可能性があります。

虫歯になるということは

 

・お菓子や糖分の多い食べ物をよく食べる

・歯を適当にしか磨かない

・口内ケアを何もしない

 

など虫歯になりやすい食生活をしていることが多いのです。

ですからそれを改善しなければなりません。

 

なぜなら、悪い食生活や口内ケアをしないことは歯垢や歯石のオンパレードです。

歯垢や歯石は息がくさくなるの大きな原因となります。

 

「歯は磨いてるつもりだけど・・・」

 

と思うかもしれません。

 

ですが歯の磨き方には癖がありますので誰しも必ず磨き残しがあります。

磨き残しが多ければ多いほど歯垢や歯石が増えます。

当然、適当に磨いていては問題です。

 

そして歯の正しい磨き方は案外知らないものです。

ですから歯科に行くことは虫歯のチェックや治療だけではありません。

・正しい歯磨きの仕方
・歯磨き以外の口内ケアグッズの使い方(歯間ブラシなど)
・自分でできる口臭対策法

この3つも指導を受けることをおすすめします。

そして定期的に歯科受診をして歯垢や歯石を取り除くことで口臭が改善されてきます。

 

親知らずの虫歯がニオイの原因になることも・・・

あまり知られていないかもしれませんが、

 

「親知らずが虫歯や口臭の原因になる」

 

ことがあります。

なぜなら親知らずは歯の奥の方にあるため、歯ブラシが届きにくくケアが行き届かないのです。

 

さらに食べかすが詰まりやすいため、いつのまにか虫歯になっている可能性があります。

 

また歯の詰め物や被せ物が虫歯になっていることもあります 。

 

ここで1つ頭の片隅に入れておいてほしいこと。

一軒目の歯科で虫歯がないと診断されてもニオイが続く場合は別な歯科を受診することも検討してください。

 

稀とは思いますが、1件目や2件目の歯医者では「異常なし」の診断でも

3件目に行った歯科で虫歯が見つかり、歯を割ってみるとひどく虫歯が進んで膿が出ていた事例もあります。

 

日頃から虫歯予防するための5つのポイント

・糖分はできるだけ控える
・歯科でフッ素塗布してもらう
・自宅でもフッ素入り歯磨き粉で歯を磨く
・キシリトール100%ガムを活用する
・間食をさける(2時間半以上)

もちろん、口内のケアは常に行った上でのポイントになります。

 

糖分は虫歯菌のエサとなりますので控えることは虫歯予防につながります。

 

虫歯予防の先進国のアイスランドやノルウェーではフッ素を使った虫歯予防が盛んに行われています。

虫歯大国の日本でも最近この予防歯科歯科に力を入れているところが増えています。

是非フッ素の塗布も虫歯予防に活用しましょう。

 

キシリトールガムも一つ二つ食べたぐらいでは効果はありません。

ですがある一定の量食べることで虫歯を防ぐことが出来ます。

 

こちらに詳しく書いていますのでご覧ください。

誰も知らない!口臭予防に効果的なガムの選び方とポイント

【今すぐできる】口臭と虫歯を予防するための5つのポイントとは?

 

 

まとめ

今回は虫歯が息が臭くなる原因となるのか?についてお話ししてきました。

 

結論としては虫歯や歯周病は息が臭くなる原因となるのですが、その理由としては虫歯菌が出す「酸」によって 歯が腐ってくることによる腐敗臭です。

 

また虫歯になりやすい人は歯垢や歯石がたまりやすい可能性があるので、そこからくる口臭が発生している場合があります。

 

・歯磨きの仕方

・歯間ブラシの使い方

・舌の苔(舌苔)の取り方

 

なども一緒に対策すると口臭改善へつながるでしょう。

ただ虫歯があった場合には治療期間も長かったり、今すぐに口臭改善へとつながらない場合もあります。

 

今すぐにでも口臭を改善したい!と思うのであれば一時的ですが、ガム、タブレットそしてサプリメント等を利用するのも一つの方法ですよ。

【レディーズローズ】生ゴミのような口臭にすぐ効くって本当!?気になる口コミは?

 

こういったもので即効性を生かしながら、並行して根本改善をはかりましょう。

 

関連記事