人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

舌の縁がギザギザしている息くさい原因は「緊張」だった!?

鏡を見ると舌の縁がガタガタしている・・・歯形っぽい・・・

しかも最近なんだか、口がにおう気がする。何が原因なのだろうか?

 

そう思ったことありませんか?それは「緊張」や「不安」から起こっている可能性があります。

一体どういうことでしょうか?職場やプライベートでも緊張しいの方は特に必見です。

 

・舌の縁に歯形がついているのは「緊張」が原因だった!?

引用元:もう、口臭で悩まない! 写真提供:メディカルユーコン

舌の周りにギザギザしたひだがある方もいるのではないでしょうか?
じつはこれ、その周りの歯型なんです。

食いしばりの癖であるTCH(Tooth Contacting Habit)という上下の歯をくっつける癖を抱えている方に多いようです。

特に、噛み合わせが悪い方や歯並びが悪い方に起こりやすいのですが、口臭が気になって受診される方にもみられる症状のひとつです。

この方々に多い原因はなんだと思いますか?

 

それが「緊張」や「不安の持続」です。

そういった状況が、舌や筋肉の動きを止めてしまい、食いしばりが起きてしまうのです。

普段リラックスしている時は「安静位」と呼ばれる、口臭が起こりにくい状態になっています。

 

あなたも一度意識してみると分かると思いますが、舌と口の天井との間にはスペースがあると思います。

このスペースは口臭発生を防ぐために重要な役割を果たしています。

このスペースにより、口が開いていなくとも嚥下が可能なため、におい発生を予防することができます。
しっかりとこのように、嚥下が可能であるということは舌がきちんと動いているということを指します。

 

またぐっと力を入れて閉じないと上下の奥歯は強く接しないと思いますが、常に隙間が空いているのが安静位であり、とても楽な状態です。

 

緊張が続くと口が臭くなる原因に!

緊張

安静位で唾液が分泌されて循環が行われていれば、きちんと舌の上が掃除されています。

気になる常在細菌も常時洗い流されるわけですから、口臭も発生しにくくなっているのです。

しかしながら、精神や身体に対しプレッシャーを感じてしまうと、奥歯を噛みしめ続けてしまいます。

「え?普段、噛みしめてるつもりはないんだけど」

そう思うかもしれませんが、あくまで、無意識にこの行為をしているのです。

この状態になってしまいますと、緊張位という口を閉じてしまい、口の中の隙間もなくなり、舌と口の天井がぴたりとくっついてしまいます。

わずか1分以上でも、この状況が続いてしまうことで、口の中でできてしまった臭気が何と最高濃度になってしまい、口のにおいとなるのです。

ちなみに口臭外来で口の中の臭気ガスを測定する際にも、この状態をわざと利用して測定します。

このような状態は、普段口のにおいが気にならない人でも引き起こしてしまうもので「緊張時口臭」「ストレス性口臭」と呼ばれます。

長い間、この状態が続いている人は、舌の表面の周りの歯の痕があります。

緊張すると口の中はネバネバに!

もう少し通常の口内のお話しをします。

普段、リラックスして健康な状態ではサラサラとした唾液が常に分泌されては流れていき、また分泌されるというサイクルによって、衛生状態は保たれています。

 

ちょうど血液がサラサラして全身の隅々まで行き渡るイメージでしょうか。

この機能は無意識に行われています。

 

ところが緊張した状態になるとよく聞く「自律神経」に乱れが生じ、唾液のスムーズなサイクルが止まってしまい、口の中はネバネバしてきます。

 

さらにこれまで活動していなかった細菌の動きが活発になり、口のにおいが発生してしまうのです。

 

さらに口を閉じている状態が続くと、口の中はガスが充満してきます。

そして長時間に及ぶほど息はくさくなっていくのです。

 

まとめと対策

今回は舌の縁にできるガタガタとした歯形は「緊張」から起こる可能性があることをお伝えしました。

そして、その状態が続くと唾液の流れが悪くなり、においの元となるガスが溜まって、口のにおいが発生するのです。

もし、仕事が忙しくプレッシャーの中でいつも力が入っていませんか?

ではそういった緊張やストレスからくるニオイにはどう対策したらよいのでしょうか?

また舌の周りのひだはどうしたら解消されるのでしょうか?

 

唾液の分泌が低下して流れが悪くなることが大元ですから、唾液の分泌を促すことが大事になってきます。

そのためには食いしばりで動きが止まってしまった舌を動かすことがポイントとなります。

下記に詳しく書いていますが

ストレス(緊張)からくる口臭の3つの簡単改善法とは?

 

「口内の隙間を空ける舌の動かし方」

「唾液を分泌させる舌の動かし方」

「身近なもので唾液分泌を促す方法」

 

この辺りを行うことで緊張からくる息くさい対策につながりますのでぜひ取り組んでみてくださいね。

食いしばりが自然となくなってくれば、舌の周りの歯型も解消されてくるでしょう。

 

なかなか対策が難しい「仕事中」にできる改善法も載せておきます。

口臭を防ぐ!デスクワークに最適な簡単「お口体操」と口臭グッズ

 

関連記事