人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

えっ!歯磨き粉が息くさい原因になるってほんと?あなたは大丈夫!?

あなたは歯磨き粉って何を使ってますか?

 

「え?その辺のスーパーに売ってる安いやつですけど何か・・・」

 

そういう方が多いと思います。

 

・歯がスッキリすればいいや

・味が美味しければいいや

・歯磨き粉ってどれも一緒じゃ

 

そう思っているかもしれません。

ですが歯磨き粉って実は、舌や口の中に「悪い影響を与える成分」も含まれているんです。

 

「そうなの?」

 

あなたは歯磨き粉の裏の「成分」の部分をしっかり見たことがありますか?

そしてどんな成分が口の中に影響を及ぼすか、を知っていますか?

 

実は、成分によっては「口内を乾燥させる」影響力を持っています。

 

「口が乾燥する→唾液減少→口臭につながる」

 

となります。

口臭対策の一番のキモは「唾液」だった!知っておきたい唾液のメカニズム

 

歯磨き粉って1日2~3回も使うわけですよね。

ですから、この影響力っていうのは案外、バカにできません。

 

今回を機に歯磨き粉について知っていただき、自分で取捨選択できるようになって頂きたいと思います。

 

ズラリと並んでいる歯磨き粉の成分をまとめると・・・

最近ドラッグストアなどに行けば、まーーありとあらゆる歯磨き粉がずらりと並んでいます。

「一体どれを選んだらいいのか?」

多すぎて悩んでしまいますよね。
私は優柔不断ですから多すぎて歯磨き粉1つ決めれません・・。はは・・

ですが効果、効能まとめると結局のところ

・ホワイトニング作用
・虫歯予防
・歯周病予防
・息すっきり

この4つに絞られています。

普通に選ぼうとすれば

「ちょっと最近歯が黄色いからホワイトニングのものを選ぼう」
「仕事中に息をスッキリさせたいから息が爽やかになるのを選ぼう」

そういった感じで選んではいないでしょうか?
私はまさしくこんな感じでした。

 

よく殺菌作用ありと書いてありますが、
「殺菌効果が届くのは表面だけで奥まで効果はないだろう」

と専門的に見るとそう感じてしまうのです。

 

怖い成分も配合されている歯磨き剤

一度その裏に書いてある原材料名を見てください。
怪しいカタカナや漢字の文字が並んでいます。
最初は見てもなんのこっちゃわかりません。

ですが体に問題のある成分も含まれています。見れば見るほど化学物質だらけです。
これだけ入っていれば本当に効果が出るのか?と疑問に思うほど。

 

歯磨き粉は色々な成分で構成されています。

そんな中でも、「発泡剤」「舌を乾燥させる影響力」をもっています。

 

化学物質名をあげてみますと、「ラウリル硫酸ナトリウム」と呼ばれるものです。

 

ドラッグストアなどで色々な歯磨き粉を見てみると分かります。

ほとんどの歯磨き粉にこのラウリル酸ナトリウムが配合されています。

 

ぜひ一度確認してみてください。

 

そもそも、このラウリル硫酸ナトリウムは、合成界面活性剤や洗剤成分と認識されています。

 

「界面活性剤」

 

あなたも聞いたことがあると思います。

そして体にとって良いものではないと聞いたことありませんか?

 

特に洗剤の使用で手荒れを感じる方もいるかと思います。

口の中はもっともっとデリケートです。

 

そこで使用することを考えると、思ったよりも影響力がある成分であることがわかるはずです。

手荒れのような、手の皮膚の表面の乾燥状態が、口内でも起こってしまうのです。

 

よく「ナチュラル」とか「無添加」とか書いてあると思いますが、無添加なのは「ある一つの成分だけ」だったりします。

つまり他の化学物質は他の歯磨き粉と同様に入っているのです。

ですから無添加という言葉だけでごまかされないで下さい。
と言いますか、どの程度の「無添加」なのか自分で見極めないといけないのです。

 

歯磨き後に味がおかしくなる理由もこれだった!?

舌

ちなみに、これ以外にも「味蕾(みらい)細胞」への影響も引き起こすといわれています。

 

「なんか難しい言葉が出てきたぞ」

 

この味蕾(みらい)細胞とは、味を感じることができる舌の上にある細胞です。

要は「味覚」を感じる部分。

 

ですが歯磨き粉を使用した後に「味の違和感を感じた経験」ありませんか?

例えばコーヒーの味がおかしくなったりとか。

 

実はこれこそ、歯磨き粉成分の影響が味覚に出てしまっています。

そして味蕾(みらい)細胞の麻痺や破壊によるものです。

 

「ちょっと怖いですよね」

 

これらの歯磨き粉の成分により、「ストレス」を与えています。歯磨き粉というストレス。

 

「ストレスがかかる=唾液が減少する」

 

つまり、息が臭くなる原因となります。

もう少し、合成界面活性剤について掘り下げてみますと、びっくりするほどの悪影響のある物質であるということもわかるでしょう。

 

気になる方は、ネットなどを通じて調べてみてください。

驚くような情報が出てきますよ。

 

さて、話を戻しましょう。

 

歯磨き粉を使用した後は、当然ながら「うがい」をしますよね。

 

ですがこのうがいも、残念なことに口臭の原因のひとつであると言われています。

 

なぜなら、しっかりうがいをすると、口臭対策のキモとも言える「唾液」も一緒に口から出してしまいます。

乾燥状態を自ら作り上げてしまうのです。

 

「うがいもだめなの?」

 

そう思うことでしょう。

 

ですが、意外と「歯磨き粉で泡立てて磨く→うがいする」こと自体が、

口臭の原因となっている可能性があるのです。

 

あの「さっぱり感」が歯を磨いた気にさせる

歯を磨いた後ってスッキリすると思います。

 

逆に言うと、あのすっきり感がないと歯を磨いた感じがしない・・・

そんな状態になっていませんか?

 

実はここが要注意です。

 

たとえ適当に磨いたとしてもあのスッキリ感があると磨いた気になります。

本当はきれいに磨けていなくてもです。

 

そして泡がブクブク立っている「見た目」がまた歯を綺麗にしているイメージに繋がります。

 

ですがあの「すっきり感」や「泡ぶくぶく」は全て添加物です。

 

先ほども述べたように、口内の粘膜や味覚に影響を及ぼす可能性があります。

逆に、口内を乾燥させ、口臭へと繋がることも・・・。

 

それよりも大事なのは「歯の磨き方」です。

ここがすべて。

 

歯磨き粉で汚れ落ちるわけでありません。

磨き方の方が重要です。

 

特に自分で磨いてるつもりでも人にはクセがあります。

つまり、誰にでも磨けていない部分が必ずあります。

 

一度、「自分の歯の磨き方をチェックしてみる」

 

これが、一番の口臭予防につながります。

歯の磨き方チェックは「歯科受診」がやはり良い!?

歯科

あなたは、かなり力を入れて強くゴシゴシと磨いていませんか?

歯ブラシは優しく力をあまり入れずに、毛先が少したわむ程度でOKです。

 

正しい歯磨きの仕方は「歯科に行って、あなたの歯にあった磨き方を指導してもらう」

これが一番の簡単にできる方法です。

 

ただ、「歯磨き方法を教えてください」って歯科を尋ねるのは、まぁなかなか難しいですよね・・・

 

「笑われそう」

 

なんて思ってしまいます。

 

ですから歯科を受診する際は下記の目的で行ってみてください。

 

・虫歯や歯周病のチェック

・歯垢や歯石の除去

・正しい歯の磨き方

・デンタルフロスなどの口内ケアグッズの使い方

 

この辺りを中心に受診してみましょう。

 

「歯科に行くのがめんどくさい」

「あまり好きじゃないし」

と思っているかもしれませんが、上記目的で一度歯科に行くことは「メリットだらけ」です。

 

ぜひ、口臭対策に一度、歯科を受診してみましょう。

まとめ

今回は歯磨き粉が口臭の原因になる可能性についてお話ししてきました。

 

歯磨き粉にはラウリル硫酸ナトリウムなどの口内の粘膜に影響を与える成分が含まれています。

 

その成分が

 

「口の中を乾燥させる→唾液が減少し口臭へとつながる」

 

とお伝えしました。

 

さらに、歯磨き粉のすっきり感や泡立ちが歯を磨いた気にさせているのです。

ですから口臭予防のためには

・ラウリル硫酸ナトリウムなどの「発泡剤」が含まれていない歯磨き粉を選ぶ
・歯磨き粉で口臭予防をしようとせず歯磨きの仕方自体を変える

 

この二つをまず取り組んでみてください。

正しい歯磨きの仕方については、やはり歯科で教えてもらうことが手っ取り早くできる方法です。

 

とは言え、

「じゃあオススメの歯磨き粉は何なの?」

 

という声が聞こえてきそうですのでご紹介だけしておきます。

・オラコンティ 歯磨き剤 (エクセレントブレス社)

 

はナチュラルで口臭対策にも良いです。

ですが、これがまずまず高いのが難点。

 

数百円でラウリル硫酸ナトリウムが入っていないものは「しゃぼん玉」シリーズなどです。

 

ただ正直いいますと、毎回、歯磨き粉をたっぷりつける必要なんてありません。

夜寝る前しっかり磨くときに使用する程度でも ok です 。

 

朝は無刺激のものを軽くつける程度で結構ですし、昼間は何もつけずに「素磨き」で構いません。

それよりもしっかり磨き歯垢を取り除くことのほうがもっと重要です。

 

どうしてもスッキリ感が欲しいのであれば、ガムを噛み、口を動かし、唾液分泌を促す方が口臭対策にもなり良いです。

 

そういった意味では歯磨き粉の値段が少々高くても、頻度を減らせばお財布にも優しいかもしれませんね。

 

歯磨き法や歯磨き粉を見直すことはとても大事ですが、問題は今ある「息の臭さ」です。

見直したり効果が出るまでに時間がかかることも事実。

 

もし、あなたが今すぐ息が臭いのをどうにかしたい!場合は一時的にガムやサプリメントを使うことも効果的です。

私が使ってみて効果があったものの口コミをご紹介しておきますね。

【レディーズローズ】生ゴミのような口臭にすぐ効くって本当!?気になる口コミは?

 

関連記事