人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

えっ!朝食を食べないと息が臭くなる!?忙しい朝にオススメメニューとは?

朝食

あなたは普段、朝食を食べていますか?

 

・忙しくて時間がない

・食べたとしても一口だけ

・そもそも食べない

 

そんなことになっていませんか?

実は朝食と口のニオイにはとても深い関係があります。

 

ベースの考え方ですが、

 

「唾液分泌が減る→口が乾燥する→口臭発生」

 

状態になります。

つまり唾液の分泌を促すことは、ニオイ対策の基本であり効果も絶大です。

 

そして唾液と朝食には大きな関係性があります。

 

今回は朝食をとることが口臭予防に効果的なのか?

そして、それは何故なのか?

 

さらに効果的なおすすめメニューや食べ物についてご紹介いたします。

 

朝食を抜くと一体どうなるの?

そんな唾液は、自律神経によって支配されます。

あなたも聞いたことがありませんか?

 

「交感神経」と「副交感神経」

 

・交感神経=唾液を抑える

・副交感神経=唾液を出す

 

です。通常バランスよく均衡がとれています。

 

ですが

 

「朝食を抜く」

 

という行動は、このスムーズな自律神経の働きを妨げます。

 

朝食をとることは

 

・お腹が空くから

・血糖値を上げるため

・朝からの活動源

 

このように思われているでしょう。

もちろん、その意味合いもあります。

 

しかしながら、食べ物を見たりにおいを嗅ぐということは、胃や腸に

 

「これからスタートしますよ」

 

と行動を起こさせる作用があります。

 

そして朝食を摂る大きなメリットは「朝食を摂る→唾液を分泌させる」ことです。

唾液を分泌させることで朝からの息がくさくなるのを防いでくれます。

 

そして胃や腸もきちんと消化をスタートさせることができるのです。

 

この消化も、自律神経によるものです。

ですから食事を取ること自体が、自律神経を活性化させます。

 

朝食を抜いてしまうと、

 

・1日の活動の用意ができない

・体に対してストレスを与えてしまう

 

ことになります。

朝食はしっかり食べましょう。

 

朝食はただ食べるだけではいけません

ただ、ここで注意なのは、朝食といっても

 

・ジュースを飲むだけ(野菜、果物)

・一口だけ食べて終わり

 

などはできるだけ避けましょう。

なぜならジュースというのは唾液分泌を流す「噛むという動作」がありません。

 

ジュース自体が悪いわけでありませんが、

 

「きちんと椅子に座ってしっかり噛む」

 

ここを意識してみてください。

できればお喋りでもしながら、しっかりと口を動かして食べましょう。

 

もちろん、あなたも朝は忙しいと思います。

ですが今、口臭が気になっているのであれば、改善するまでの期間だけでもまずは試してみてはいかがでしょうか?

 

朝食のメニューは「和食」がオススメ

朝食のメニューとしては米ご飯を取り入れた和食がお勧めです。

 

なぜなら、お米はしっかり噛むことで唾液分泌が促されます。

 

「唾液分泌→口のニオイ抑制」

 

につながりますので、朝からのニオイを防ぐためにも、いかに唾液を分泌させるか?

ここがキモになってきます。

 

パンは唾液を吸ってしまいますのであまりお勧めしません。

 

さらに健康的にもパンを主食にすると、その副菜はハムエッグ、卵焼き、ベーコンなどどうしても欧米食になりがちです。

ですから健康的にも毎朝と考えれば和食がお勧めです。

 

それに小麦粉は輸入物がほとんどですので、色々な添加物が含まれています。

ここも要注意です。

 

朝から食べるメニューも大事といえます。

 

よく

「30回よく噛んで食べましょう」

 

なんて聞くと思います。

ですが、

 

「正直30回なんて噛めないし・・」

「30回噛む前に飲み込みたくてしょうがない」

 

と思いますよね。

気持ちはわかります。

 

ですから、いきなり30回とは言わず、少しずつ回数を伸ばしていきましょう。

とにかく噛むことを意識するだけでけっこうです。

 

「噛めば噛むほど口臭がなくなっていく^_^」

 

みたいなイメージで取り組みましょう。

唾液がどんどん分泌され、におい予防につながります。

 

「海藻類」は息をキレイにする!

また海藻類も息がくさくなるのを防いでくれるのでお勧めです。

 

昆布などの海藻には消臭効果と保湿効果ダブルで含まれています。

 

さらに食後というのは口内が「酸性化」しますが海藻類は「アルカリ性食品」なので酸性化を防ぐことができて一石二鳥です。

 

お味噌汁に入れて食べるのも一つの手ですし、忙しい朝には昆布をポン酢しょうゆなどで食べるのもオススメです。

 

酢は名前からして「酸性食品」のように思いがちですが実は「アルカリ性食品」です。

 

忙しい朝におすすめ1分昆布レシピ!

・昆布のポン酢醤油和え

昆布にポン酢醤油をかけて食べるだけ。

1分で準備できます。

 

・昆布の中華胡麻酢和え

切り昆布に

 

・ポン酢醤油

・酢

・砂糖

・ごま油

・白ごま

 

の5点セットを混ぜるだけです。

ポン酢しょうゆと酢をちょっと多めに入れるとおいしいです。

 

・昆布としらすのマヨネーズ&ポン酢胡麻和え

昆布にしらすを混ぜ、

 

・マヨネーズ

・ポン酢

・白ごま

 

を混ぜるだけです。

超簡単。味の調整はお好みでどうぞ。

 

時間がない時やデザートにはリンゴやパイナップルを

パイナップルには息がくさくなるニオイ成分を含むタンパク質を分解してくれます。

キウイフルーツも効果的です。

 

またりんごの皮にはポリフェノールが含まれていて、殺菌効果があり一時的に口臭を抑制できます。

 

時間がない時や朝からフルーツを食べる時はこういったものがおすすめです。

詳しくはこちらにも書いています。

 

まとめ

今回は朝食を取ることが口のニオイ防止につながるのか?

そしてどんなメニューや食べ物がお勧めなのか?

 

そのあたりについてお伝えしてきました。

 

結論としては、朝食をとることは唾液分泌につながり、1日の胃腸をスタートさせ、口臭予防に効果的です。

 

ただ食べるメニューとして和食がおすすめ。

・お米
・昆布、わかめ
・りんご
・パイナップル
・キウイ

などを効果的に使いましょう。

 

一番重要なことは「よく噛むこと」です。

これをとにかく意識することが対策法です。

 

朝から忙しいと思いますが、口のニオイが改善するまでの間でもまずは取り組んでみましょう。

 

もしあなたが朝食を

 

・一口だけ食べる

・飲み物だけしか取っていない

・そもそも食べない

 

という生活をしていたのであれば、是非今すぐにでもしっかり食べることをやってみてください。

口臭は別として、よく健康法で

 

「朝ごはんは食べたがいい」VS「食べない方がいい」

 

という意見が飛び交っています。

 

私も試しに朝食を抜くということをやってみました。

朝食を抜くこと自体は慣れましたが、ひとつ大きな問題が起きました。

 

それが実は「徐々に口が臭ってきた」ということです。

朝からもにおいますし、お昼ご飯前も臭いがきつくなります。

 

ここでは朝食を取るべきかどうかの議論はさておき、口臭対策においては朝食は重要だということを実感しています。

 

あなたもいつもより5分~10分だけでも早く起きて、朝食をしっかり噛んで食べてみませんか?

 

 

息がくさい!を今すぐ解消してくれる成分入っています。

朝食が効果的なのが分かったとしても効果が現れるのに時間がかかることがあります。

息がくさいのを今すぐ改善させて、仕事やプライベートで辛い思いをしたくない!

のであれば「サプリメント」を使うのも即効性があります。

 

口の中だけでなく、「便臭」や「生ごみ臭」といった胃や腸から発生するニオイまで抑える成分が効果的です。

私はこれでかなり改善しました。口コミを載せておきます。

 

食生活の見直しといった「根本改善」と同時並行で使うとより効果的ですよ。

レディーズローズは生ゴミのような口のニオイにも効くの!?気になる口コミは?

 

 

関連記事