人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

接客時に緊張からくるクサい息で契約失敗!?男性の意外な対策法とは?

緊張すると口のにおいが気になる・・・大事なプレゼンや商談があるのに心配・・・

そう思ったことはありませんか?

 

今回は大事な契約時にブレスケアグッズを忘れて、危うく契約破棄になるところだった方のお話しをお届けします。

どうやってその場を凌いで無事に契約を終わらせることができたのでしょうか?

 

プレゼンや商談時に息がくさくなってくるんです

私は20代で不動産業の営業として働いています。

営業ということもあり、毎日多くの人と話すことが多く、仕事中でも重要なシーンでもある商談やプレゼンなども多いのですが、そのとき不意に自分の口のにおいが気になる事があります。

 

普通に生活しているときには気にならないのですが、緊張する場に立つと口のにおいが気になります。

 

私の場合は特に口のにおいがキツく、プレゼンの前などには歯磨きや清涼菓子などを片手にケアをしていますが治りません。

 

一番辛かったエピソードとして、賃貸契約を結ぶときに、重要事項説明などを読み上げるのですが、ドキドキからかいつものように口のにおいが気になりました。

なんとそこで失敗が・・・

いつも持ち歩いているはずの対策グッズを持ち歩いていなかったのです。

「や、やばい・・・」

 

口のニオイがひどすぎて契約破棄に!?

そのまま続けているとお客さんが私に対して

「ちょっとあなた口のにおいがキツイんだけど・・・」

指摘してこられました。

 

「しまったーーー!」

私はもちろん自覚していたのですが、人から指摘されるととても嫌な気持ちと恥ずかしい気持ちが入りまじり、その場から消えたい気分になりました。

 

そこでお客さんは、私の口臭に苛立ったのか契約を取り消すと言い出しました。

「ちょ、ちょっとお待ちください! 😥 」

私はすぐに謝り、時間をもらい、その場を中断してすぐに歯磨きを行いました。

 

自分の問題とはいえ、とても情けない気持ちになりながら歯磨きを行なってから続きを行いました。

その時は、口のにおいのせいで会社の売り上げに影響してしまう事や自分の不甲斐なさに辛い思いをしました。

 

しかし改まってその出来事を振り返ると、言いにくいことを私に伝えてくれたと感謝の気持ちも出てきました。

もし、私の周りに口のにおいがひどい方がいた時に指摘できるか?といったらまずできません。

 

くさい息をケアする専用ポーチを持ち歩くことに

無事に契約を終えることが出来ましたが、それから口内ケアについてとても、敏感になるようになりました。

 

歯磨きなどは毎日欠かさずに行なっていたのですが、自分自身の体質や緊張しいという性格なんです。

自分のにおいで相手に嫌な気持ちをさせてしまったことを後悔して、クサい息をケアする専用のポーチを毎日持ち歩くことにしました。

 

クサい息専用ってなかなかないでしょ??笑

 

口のにおいで嫌な気持ちをさせてしまい、自分自身も嫌な思いをしたので、しっかりケアをするようになりました。

 

プレゼンや案内時にニオイが気になるときには、すぐに対処できるように清涼菓子やマウスウォッシュなどを持ち歩き、余裕があるときには歯磨きなどを徹底しました。

 

それから口のにおいで相手に迷惑をかけることは無くなりましたが、それでも気になる時はあるので、自分自身を理解して付き合っていくことにしています。

 

まとめ

今回は、仕事で緊張してしまうと、口のにおいがきつくなってしまう営業職の方のお話しでした。

歯磨き、グッズなどご自分で対策され、口のにおいを予防していたようです。

 

確かに大事な商談やプレゼンの時に口のにおいで相手に迷惑かけたくないですよね。

 

普段、そんなに口が臭っていなくても、緊張やストレス時にクサい息が発生する方も多いです。

口が閉じて、舌の動きが止まり、唾液の分泌が減ってにおいへと変化していきます。

 

そんな緊張からくるクサい息には、こちらに簡単改善法を載せておきますのでぜひお読みください。

ストレス(緊張)からくるクサい息の3つの簡単改善法とは?

 

 

関連記事