人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

美人女性の息がクサすぎ!?1番ショックを受けた歯科衛生士の体験談

あなたはこれまで人の「見た目」と「中」身とのギャップに驚いたことありませんか?

 

「え?この人ってこんな人だったの?」という経験です。

 

例えば容姿がとても美人な女性がいたとしても口の中は歯がグラグラだったらどう思いますか?

驚きとともに、ある意味ショックを受けますよね。

 

意外に外から見えない部分って人間性や人柄が現れたりします。

 

今回は歯科衛生士として働いている時に経験したショックな体験談です。

受診に来られた美人な女性は後々トラブルになりました。

 

いったいどんな理由で歯科を受診に来られ、そしてどんなトラブルが起こったのでしょうか?

ちょっとびっくりする内容をご覧ください。

 

歯科衛生士になって一番衝撃を受けたこととは?

私が25歳の時歯科衛生士として歯科医院で働いていたときの話です。

私は歯科衛生士として何年も働いていましたので様々な患者さんと接して来ました。

若いのに歯がほとんどグラグラ。

歯石を取っている時、まるでピアノの鍵盤をひいているかのようにぐらつく歯の持ち主の方もいました。

(後日ほとんど抜けてインプラントを施されました。)

他にもとても神経質過ぎるほど歯を磨いて歯が削れてしまっている方。

など、とても色んな方がいるんだなとビックリしたことが沢山あります。

そんな中私が1番衝撃を受けた患者さんのお話を描きます。

ある日、歯医者にとてもキレイな方が来られました。
まるで上品な奥様雑誌のモデルのような方です。

佇まいや、話し方、歩き方など、どれも上品で、きっと育ちがいいんだろうなぁとうっとりしていました。

そして、その方は昨晩から歯が痛み出したので見てほしいと訪ねてこられたのです。
診療室に通し、先生と対面し痛みの症状などを話されました。

先生も美人には弱いため少し嬉しそうにとても丁寧に聞いておられました。
そしてユニットを倒し、患者さんの口の中をのぞき込みました。

すると、その方の歯の裏側はタバコのヤニと歯石でビッチリだったのです。

とても衝撃的でした。

私も耐え難かった「もっと衝撃的なこと」って・・・

そしてさらに衝撃的なことも・・・。

それは「息がとんでもなくクサい」ことです。

 

それだけ歯石も付いていたためもちろん歯茎はブヨブヨで歯肉炎になっていたのです。

「なんだこの肉が腐ったような生臭いニオイは・・・」

歯肉炎の口臭はとても酷いものです。
マスクをしていても臭いが耐えられない程の酷いニオイでした。

私は上品な女性と口の中のギャップが酷くてショックを受けていました。
そして先生も同じように感じていたのか、少し悲しそうな表情をされていました。

それで診察後、私が明るく「びっくりしちゃいましたね~」と言うと、
先生は「口の中は本当に人間性が現れる・・」と言われました。

先生は私よりはるかに色んな患者さんに接しているので、外見とのギャップがある人ほどトラブルが起こりやすい、と言われました。

私はそんなことがあるのかな~程度に話を聞いていました。

 

ある日クレーマーと化した美人女性

しかし、後日この患者さんはクレーマーになってしまったのです。

保険外の歯を入れて、金額もきちんと説明したにも関わらず、

「聞いていた金額よりも高い!差額分返せ!」

と行ってきたのです。

私達、衛生士は説明した記録も見せました。

しかし、「こんなこと知らない!」の一点張りでラチがあかないので差額分返却しました。

すると治療の途中だったのに次からパタリと来なくなり、それっきりに・・・。

そして私は口臭が酷い患者さんを目の当たりにする度に、あの強烈な患者さんの事を毎回思い出してしまうのでした。

 

まとめ

今回は、ある美人な女性が歯科を受診に来られた時のひどい歯周病と口のニオイに驚かされた体験談についてお話しました。

 

私もこれを聞いた時、けっこうショックを受けました。

 

口内ケアを怠ると若い人でも虫歯、歯肉炎起こし、そして歯周病になり歯が抜け落ちることさえあるのです。

 

そして一度歯が抜けると二度と戻りません。

ある意味これはとても怖いことです。

 

通常怪我をしたり、風邪を引いたり、骨折しても元に戻るわけですが、歯はそうはいきません。

これを甘く見ている人も意外に多いのです。

 

そして歯周病を放っておくと、とんでもなく強烈な臭いがします。

 

こちらの記事にも書いていますが、

歯周病から起こる口臭を防ぐためのたった1つの最重要ポイント

歯周病の原因は歯垢や食べかすなどのゴミがたまった状態を放っておいた結果です。

 

 

これに対策するには日頃のケアや歯科を定期的に受診することが大事になります。

 

 

そして「そんなのあんたに関係ない!」と言われそうですが、外から見えない部分のケアを怠っているというのはあまり良いことではないと思います。

 

ただ、歯周病も初期のものであれば正しいブラッシング法で治すことが可能です。

 

あなたにはくさい息で迷惑をかけたり、歯を失うようなことはあって欲しくありません。

今すぐにでも取り組めることは始めて行きたいものです。

【今すぐできる】口臭と虫歯を予防するための5つのポイントとは?

 

 

関連記事