人気・話題商品の口コミや体験レビューを詳しくお届け!

歯周病から起こる腐ったニオイを防ぐたった1つの最重要ポイントとは?

歯茎が弱い・・・歯周病がある・・これって息がくさくなる原因になるの?

と思ったことはありませんか?

さらにどうやったらクサいにおいはなくなるのでしょうか?

 

・歯磨きはしっかり磨いている

・虫歯も治療している

・ずっとクサい息に悩まされている

 

息がくさいと喋るのが怖くなってしまいますよね。

恋人にだって迷惑かけたくないし。職場でもそう。

 

今回は歯周病や歯肉炎がクサい息の原因となるのか?そしてそれはなぜか?

についてお伝えしていきます。

 

歯周病対策の最も効果的な方法もご紹介いたします。

 

実は怖すぎる歯周病はこんな病気!

口臭の原因は

 

・口の中が原因で起こるもの

・内臓由来から起こるもの

 

に分かれます。

 

ただ、多くの口臭の原因は「口の中」にあります。

そして歯垢や歯石、虫歯や歯周病などから発生します。

今回はその中でも歯周病に関してお伝えしていきます。

 

 

歯周病って「歯の周りの病気」と書きますよね。

つまり歯茎や歯を支える骨だったりします。

 

歯周病はここが炎症を起こしたり腫れたり、歯を支える骨が溶けたりする病気です。

 

では、なぜこれが起こってしまうのか?

 

これも口内にいる細菌が原因です。

歯を溶かすほどですから、口内にいる細菌はとても怖いことがわかります。

 

普段生活していても骨を溶かすような強い毒性を持つ菌ってなかなかいないと思います。

もしこれが体内の至る所に現れてしまったらそれこそ大変です。

 

ですが実際は虫歯や歯周病が進んで心臓の血管に入り込んだり、頭の中にまで毒素が入り込むことがあります。

 

ですから常に歯周病を予防しコントロールすることはとても大事です。

 

歯周病が進むととんでもないニオイが・・・

歯周病が進んだ口のニオイってとんでもなく臭いです。正直辛い・・・

 

血の混じったような

卵の腐ったような

玉ねぎが腐ったような

 

そんな意味不明なニオイがします。

もしそんなニオイがするのであれば歯周病を疑い、迷わず歯科の方を受診しましょう。

 

ですが、いつのまにか進行している場合は自分でニオイに気付かないことがあります。

ある意味、鈍感なんです人間の鼻って。

 

そして、腐ったようなニオイで周りに迷惑かけていることも・・・

 

それを防ぐためには、定期的に歯科に行くことをお勧めします。

「歯科は怖いし・・・」

という気持ちも分かりますが、それ以上にもっと怖いのが「歯周病」なのです。

 

歯周病の元!CMで聞く「歯周ポケット」とは?

「歯周ポケット」や「歯肉ポケット」とテレビのCMなどで聞いたことありませんか?

 

歯周ポケットとは「歯と歯茎の間の隙間(ポケット)」のことです。

鏡を見ると歯と歯茎はぴったりくっついているように見えます。

 

ですが実は2~3ミリの隙間が空いているのです。

この隙間に食べかす汚れなどが溜まります。いわゆる「歯垢(しこう)」です。

 

 

通常であればこの隙間を歯磨きすると歯垢や汚れを取り除くことが可能です。

ですが、このポケットの深さが深くなったり、正しくブラッシングができていないと歯垢はポケット内に溜まったままになります。

 

ここが問題です。

 

歯垢が溜まったままだと虫歯菌などの菌はそれを餌にして食べます。

食べカスが大好物です。

 

たべるとそこから糞として「酸」を出します。

 

その「酸」が歯を溶かしたり、歯茎にダメージを与えます。

そして、そこから炎症を起こしたり、出血、腫れなどが起こり進行すると「歯周病」となるのです。

 

虫歯菌は空気をとても嫌います。

歯周ポケットの中は周りを囲まれていて空気と触れにくいためとても居心地が良いのです。

 

例えば冬にジャンバーのポケットの中に手を入れるとあったかくて気持ちいいと思います。

寒い外の空気が通りにくく保温されやすいため。

 

それと同じで、居心地がいい環境だと誰にも邪魔されずにどんどん菌は増殖していきます。

 

そして歯茎がダメージを受けると、歯周ポケットはどんどん深くなって、さらに歯垢がたまりやすくなります。

 

いわゆる悪循環に入ってきます。

これが歯周病です。

 

歯周病は放っておくとどうなるの?

では放っておくとどうなるでしょうか?

 

ポケットは深くなり、歯と歯茎の隙間が空き、歯茎がやせ細って最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

自然と歯が抜け落ちるって結構怖いですよね。

 

ポケットに歯垢や食べかすが溜まると息が臭くなってきます。

歯周病、歯肉炎が進むと酷い臭いを発生させます。

 

ではこんな歯周病にはどう対策したらよいのでしょうか?

当然とも言えますが、歯科を受診するのが基本的な治療となります。

 

ただ初期の場合ですとブラッシングでも改善が可能ですし、予防のためにも大事です。

 

「私は毎日しっかり歯を磨いてるんですけど・・・」

 

という方もいるかもしれません。

 

 

ですが実際は綺麗に歯垢を取り除けている人ほとんどいません。

人それぞれ癖があったり磨けていない部分が必ずあります。

 

そしてそこに歯垢がたまり続けると歯周病となっていきます。

 

歯周病を防ぐ歯磨きの重要ポイントとは?

ではどのような歯磨き方すれば良いでしょうか?

ここで一つ大きなポイントを上げておきます。

 

それは歯磨き自体は「歯を磨く」というイメージがありますが

そうではなく

 

「歯茎をマッサージする」というイメージに変えてください。

すると歯磨きの仕方が自然と変わると思います。

 

歯に垂直に当てて歯を磨くのではなく、「歯と歯茎の隙間を磨く」ような感覚です。

歯と歯茎の隙間に歯ブラシを入れ込むような磨き方。

 

 

ここで重要なのは「けっして力を入れないこと」です。

 

・弱い力で

・やさしく

・トマトの皮を歯ブラシで磨くイメージ

 

普通歯磨きと言えば、右側5本づつ、左側5本づつみたいな数本ずついっぺんに磨くと思います。

 

ですがそうではなく、一本一本磨くような感覚で行ってください。

 

 

これを丁寧にかかると3~5分ぐらいは自然とかかると思います。

ちなみに歯科ではもっと時間をかけます。

 

 

正直5分ってけっこう長いです・・・はは。

 

仕事中や忙しい朝などはなかなか難しいかもしれません。

ですが歯周病を治してクサい息を防ぐためには可能な限り実践しましょう。

 

歯周病が進むとこんな辛いことが待っている・・・

歯周病が進むと

 

・将来自分の歯で噛めない

・味がしない

・好きな物食べられない

・口臭がひどい

 

など本当に辛い生活が待っています。

 

 

ここで気になるのが「じゃあどんな歯磨き粉を使ったらいいのか?」です。

 

こちらでも述べていますが、

えっ!歯磨き粉が口臭の原因になるってほんと?あなたも要注意!?

 

正直、歯垢を磨く段階では歯磨き粉は必要ありません。

ただ、全くスッキリ感がないのも最初は違和感を感じると思います。

 

 

ただ、選ぶ際は「ラウリル硫酸ナトリウム」などの「発泡剤」が含まれたものはさけましょう。

 

発泡剤は泡がブクブク立つことで

 

・磨けてなくても磨いたような気になる

・発泡剤自体が唾液減少を引き起こしクサい息の原因となる

 

からです。

 

・まずは歯と歯茎の隙間を磨く

・その後に歯磨き粉をつけて通常通りに歯を磨く

 

2つを組み合わせて歯磨きしてみて下さい。

 

え?歯磨きって実はこんなに時間がかかるの?

上記の方法で歯磨きすると結構時間がかかるのでは?

と思うかもしれません。

 

確かにその通りです。

ですがクサい息が発生するほど歯周病が進行していたり、歯垢が溜まっている場合には必要な作業です。

 

できれば歯周病や歯肉炎治っても予防のために続けることをお勧めします。

 

歯肉の炎症がある場合には最初の一週間ぐらい出血することも多いです。

ただ、炎症等がある場合は、ある意味当たり前ですので心配しないでください。

 

時間とともに出血がなくなり、引き締まった歯茎になってきます。

 

またブラッシングだけでは歯垢や歯石を取り除くことは難しいですから、定期的に歯科に行き、歯石を取り除くことをされてください。

 

 

まとめ

今回は歯茎が弱かったり、歯肉炎、歯周病がクサい息の原因になるのか?

そしてどういった対策を取れば良いのか?

そのあたりについてお伝えしてきました。

 

歯周病が進む原因は「歯と歯茎の隙間に溜まった食べかすや歯垢」です。

 

結論としては歯と歯茎の間の歯垢を取り除くことが歯周病予防に効果的な方法です。

そのためにとても大事なのは歯ブラシによるブラッシングです。

・歯茎をマッサージする感覚を持つ
・とにかく優しく
・一本一本磨くように丁寧に
・歯磨き粉は基本必要ない
・歯磨き粉を使うとしても選び方が大事

この辺りを意識されてください。

 

私も犬歯あたりに歯茎が弱っている部分があり、すぐに出血していました。

 

頭をシャンプーしたり(口を食いしばる)軽く歯を磨いただけでも出血するほどでした。

なんなら毎日、毎回出血です。

 

 

ただ、これまでやってきた歯磨き方だと一向に治らないことに気づき、歯磨き方法をきちんと見直すことにしました。

 

歯と歯茎の隙間を意識しながら丁寧に洗うことで、徐々にですが出血は止まり歯茎も良い色に変わってしっかりとしてきました。

 

こういった対策は 日々の積み重ねです。

 

歯垢や歯石また歯肉炎、歯周病といったものからの口のニオイは取り組んでもすぐに効果が現れない場合があります。

 

そこですぐに止めることなく、ぜひ続けてください。

 

ただ当然ながら口臭はリアルタイムに発生します。

あなたもまさに悩んでいるかもしれません。

 

ですから一時的、即効性としてガムやタブレットそしてサプリメントを使うことも効果的です。

レディーズローズは生ゴミのような口のニオイにも効くの!?気になる口コミは?

 

特にガムを噛むことで唾液分泌がにつながり口臭予防となります。

またガムでもタブレットでも口の上でコロコロ転がすだけで舌が動き、唾液分泌につながります。

 

唾液分泌=ニオイ防止

 

です。

 

ガム、タブレットだけで臭いを抑えられない場合もありますので。サプリメントの併用がお勧めです。

それと同時に歯周病対策を行っていきましょう。

 

 

息がくさい!を今すぐ解消してくれる成分入っています。

もし、息がくさいのを今すぐ改善させて、仕事やプライベートで辛い思いをしたくない!

のであれば「サプリメント」を使うのも即効性があります。

 

口の中だけでなく、「便臭」や「生ごみ臭」といった胃や腸から発生するニオイまで抑える成分が効果的です。

これはストレスや食生活の乱れからくるニオイ対策にもなります。

 

私はこれでかなり改善しました。口コミを載せておきます。

食生活の見直しといった「根本改善」と同時並行で使うとより効果的ですよ。

レディーズローズは生ゴミのような口のニオイにも効くの!?気になる口コミは?

 

 

関連記事